スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どちらかが彼女を殺した

どちらかが彼女を殺した
どちらかが彼女を殺した 加賀恭一郎シリーズ 講談社文庫 著者: 東野圭吾 出版社: 講談社 サイズ: 文庫 ページ数: 355, 発行年月: 1999年05月 ISBN:9784062645751 本体価格590円 (税込 620 円) 送料無料 在庫あり(1~3営業日内に発送予定)    レビュー(104件) チケットプレゼントあり!映画化・新刊記念「東野圭吾」特集 ⇒講談社文庫「加賀恭一郎シリーズ」 【内容情報】(「BOOK」データベースより) 最愛の妹が偽装を施され殺害された。愛知県警豊橋署に勤務する兄・和泉康正は独自の“現場検証”の結果、容疑者を二人に絞り込む。一人は妹の親友。もう一人は、かつての恋人。妹の復讐に燃え真犯人に肉迫する兄、その前に立ちはだかる練馬署の加賀刑事。殺したのは男か?女か?究極の「推理」小説。
スポンサーサイト
お買い得
最新記事
月別アーカイブ
キーワード
フリーエリア
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。