スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初動負荷理論による野球トレーニング革命

初動負荷理論による野球トレーニング革命
初動負荷理論による野球トレーニング革命 著者: 小山裕史 出版社: ベースボール・マガジン社 サイズ: 単行本 ページ数: 255p 発行年月: 1999年12月 ISBN:9784583036205 本体価格3,800円 (税込 3,990 円) 送料無料 取寄せ(1~14営業日内に発送予定)    レビュー(1件) 【内容情報】(「BOOK」データベースより) 投げる、打つ、捕る、走るという野球の基本動作とトレーニングのあり方を徹底解明。野球関係者はもとより他のスポーツ、医療関係者にも必読の一冊。 【目次】(「BOOK」データベースより) 第1章 野球と初動負荷理論/第2章 BMLセオリー(初動負荷理論)、BMLトレーニングとは/第3章 BMLセオリーに基づく投動作の考察/第4章 トレーニング?BML Training/第5章 ストレッチング/第6章 ランニング、ダッシュ/第7章 バッティング動作
スポンサーサイト
お買い得
最新記事
月別アーカイブ
キーワード
フリーエリア
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。