スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私が彼を殺した

私が彼を殺した
私が彼を殺した 加賀恭一郎シリーズ 講談社文庫 著者: 東野圭吾 出版社: 講談社 サイズ: 文庫 ページ数: 431, 発行年月: 2002年03月 ISBN:9784062733854 本体価格695円 (税込 730 円) 送料無料 在庫あり(1~3営業日内に発送予定)    レビュー(57件) チケットプレゼントあり!映画化・新刊記念「東野圭吾」特集 ⇒講談社文庫「加賀恭一郎シリーズ」容疑者はたった3人さあ、メモと鉛筆を!推理の材料は、すべてそろっている。犯人を捜すのは、あなただ!婚約中の男性の自宅に突然現れた1人の女性。男に裏切られたことを知った彼女は服毒自殺をはかった。男は自分との関わりを隠そうとする。醜い愛憎の果て、殺人は起こった。容疑者は3人。 事件の鍵は女が残した毒入りカプセルの数とその行方。加賀刑事が探りあてた真相に、読者のあなたはどこまで迫れるか。 【内容情報】(「BOOK」データベースより) 婚約中の男性の自宅に突然現れた一人の女性。男に裏切られたことを知った彼女は服毒自殺をはかった。男は自分との関わりを隠そうとする。醜い愛憎の果て、殺人は起こった。容疑者は3人。事件の鍵は女が残した毒入りカプセルの数とその行方。加賀刑事が探りあてた真相に、読者のあなたはどこまで迫れるか。 【著者情報】(「BOOK」データベースより) 東野圭吾(ヒガシノケイゴ)1958年、大阪府生まれ。大阪府立大学電気工学科卒業後、生産技術エンジニアとして会社勤めの傍ら、ミステリを執筆。’85年『放課後』(講談社文庫)で第31回江戸川乱歩賞を受賞、専業作家に。’99年『秘密』(文芸春秋)で第52回日本推理作家協会賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
スポンサーサイト
お買い得
最新記事
月別アーカイブ
キーワード
フリーエリア
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。