スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軽度発達障害の心理アセスメント

軽度発達障害の心理アセスメント
軽度発達障害の心理アセスメント WISCー3の上手な利用と事例 著者: 上野一彦 /海津亜希子 出版社: 日本文化科学社 サイズ: 単行本 ページ数: 283p 発行年月: 2005年01月 ISBN:9784821073245 本体価格2,600円 (税込 2,730 円) 送料無料 在庫あり(1~3営業日内に発送予定)    レビュー(6件)  1998年に刊行されたWISC-IIIの事例集。理論編と事例編から構成。理論編では、群指数に関する解釈、WISC-III用の最新のプロフィール分析表に基づく解釈の手順、最終仮説を導き出すための一手段としての最終仮説シートの使用などを解説。事例編では、主訴に立脚した16のケースを紹介。アセスメントにおいては最新のプロフィール分析表と最終仮説シートを駆使して客観的で体系的な解釈を示した。アセスメントのみでなく、個別の指導計画の作成やそれを踏まえた指導の展開、さらに、事例によっては指導の結果に至るまでの内容に言及している。目次第1部 WISC-IIIによるアセスメントの進め方 第1章 知能検査とアセスメント 第2章 WISC-III検査結果を解釈する手順 第3章 WISC-IIIプロフィール分析表と利用の仕方 第4章 知的な遅れを持つ子どものプロフィール分析 第5章 賢いアセスメントとアセスメントレポートの書き方第2部 WISC-IIIによるアセスメント事例 事例1 書字に著しい困難があり、ストレスによる身体的不調を訴えた児童 事例2 作文を書くことが苦手なLDのある子 事例3 数量概念がなかなか身につかない軽度発達障害児 事例4 図形問題が苦手なLD児 事例5 算数の図形学習に困難を有する児童 事例6 ひらがなが書けず、足し算の繰り上がりが習得できない生徒 事例7 母子分離不安と自信のなさを抱える不登校児 事例8 学習意欲が乏しい知的障害児 事例9 生活習慣、学習習慣が身につかず、場の雰囲気がつかめないADD児 事例10 学習用具などの忘れ物が多いLD児 事例11 集団行動が苦手で攻撃行動が見られるアスペルガー症候群の女児 事例12 集団行動が苦手な高機能PDD児 事例13 ADHDを伴うLD児 事例14 言語コミュニケーションに著しい困難があり学校への適応が心配された女児 事例15 他児とのコミュニケーションがうまくとれない男児 事例16 通常学級で学習困難を示した知的障害児 【目次】(「BOOK」データベースより) 第1章 心理アセスメント概論/第2章 心理アセスメント/第3章 WISC‐3の解釈と指導・支援への展開/第4章 結果の伝え方/第5章 アセスメントから個別の指導計画へ/第6章 事例集 【著者情報】(「BOOK」データベースより) 上野一彦(ウエノカズヒコ)1967年3月東京大学教育学部教育心理学科卒業。1970年3月東京大学大学院教育学研究科修士課程修了。東京学芸大学教授、日本LD学会会長、学校心理士、特別支援教育士スーパーバイザー(LD・ADHD等)海津亜希子(カイズアキコ)1996年3月東京学芸大学教育学部小学校教員養成課程学校教育選修卒業。2001年3月東京学芸大学大学院連合学校教育学研究科博士課程修了、博士(教育学)取得。独立行政法人国立特殊教育総合研究所研究員、臨床心理士、学校心理士、特別支援教育士スーパーバイザー(LD・ADHD等)服部美佳子(ハットリミカコ)1987年3月群馬大学教育学部小学校教員養成課程教育心理学専攻卒業。1989年3月東京学芸大学大学院教育学研究科修士課程修了。旭出学園教育研究所研究員、臨床心理士、学校心理士、特別支援教育士スーパーバイザー(LD・ADHD等)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
スポンサーサイト
お買い得
最新記事
月別アーカイブ
キーワード
フリーエリア
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。