スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

認知症になるとなぜ「不可解な行動」をとるのか

認知症になるとなぜ「不可解な行動」をとるのか
認知症になるとなぜ「不可解な行動」をとるのか 深層心理を読み解きケアの方法をさぐる 著者: 加藤伸司 出版社: 河出書房新社 サイズ: 単行本 ページ数: 206p 発行年月: 2005年03月 ISBN:9784309251868 本体価格1,500円 (税込 1,575 円) 送料無料 取寄せ(1~14営業日内に発送予定)    レビュー(3件) 【内容情報】(「BOOK」データベースより) “ボケ”“痴呆”と呼ばれてきた認知症の人々の「心理」に焦点を当て、健常な人が「不可解な行動」と感じるさまざまな言動が、なぜ起こり、何を意味しているのか、また、どのように接していけばよいかを、ケーススタディを中心に解説。 【目次】(「BOOK」データベースより) 第1章 不可解な行動のメカニズム(認知症とは何か/認知症になるとどんな行動をとるのか/認知症の種類別行動)/第2章 認知症の「心」を理解する(認知症の持つ心理的な問題/求められる「共感する姿勢」)/第3章 「不可解な行動」の心理(取り繕う行為の心理/感情起伏の心理 ほか)/第4章 ともに生きていくために(どう接していけばよいのか/未来へ向けて変わりゆくケア) 【著者情報】(「BOOK」データベースより) 加藤伸司(カトウシンジ)東北福祉大学総合福祉学部福祉心理学科教授。認知症介護研究・研修仙台センター研究・研修部長。1956年生まれ。1979年、日本大学文理学部心理学科卒業。特別養護老人ホーム生活指導員を経て、1982年、聖マリアンナ医科大学病院神経精神科臨床心理士。1993年、北海道医療大学看護福祉学部講師、助教授を経て、2000年より現職。(公職)日本痴呆ケア学会理事、日本老年社会科学会理事、日本老年精神医学会評議員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
スポンサーサイト
お買い得
最新記事
月別アーカイブ
キーワード
フリーエリア
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。