スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネコソギラジカル(下)

ネコソギラジカル(下)
ネコソギラジカル(下) 青色サヴァンと戯言遣い 講談社ノベルス 著者: 西尾維新 出版社: 講談社 サイズ: 新書 ページ数: 373p 発行年月: 2005年11月 ISBN:9784061824003 本体価格1,080円 (税込 1,134 円) 送料無料 在庫あり(1~3営業日内に発送予定)    レビュー(18件) 2005年12月号掲載玖渚友との決別、想影真心の暴走、哀川潤の復活…。“人類最悪の遊び人”狐面の男とぼく“戯言遣い”の対決の行方は?シリーズすべてを貫く伏線は、一気にクライマックスへ!新戯言シリーズの最終楽章『ネコソギラジカル』3部作大団円。 【内容情報】(「BOOK」データベースより) 「生きている以上、世界の終わりを物語の終わりを、諦めることはできない」“人類最悪の遊び人”たる「狐面の男」は「ぼく」こと“戯言遣い”に断言する。玖渚友との決別。想影真心の暴走。そして、復活する哀川潤…。シリーズすべてを貫く伏線の楽譜は絡まり合い、一気に奔流をはじめる!そして、そして、そして、そして、そして?ゼロ年代の小説界を駆け抜ける新青春エンタの決定版中の決定版“戯言シリーズ”、その最終楽章となる『ネコソギラジカル』三部作、ついに大団円。 【著者情報】(「BOOK」データベースより) 西尾維新(ニシオイシン)1981年生まれ。2002年、『クビキリサイクル』にて第23回メフィスト賞を受賞、デビューする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
スポンサーサイト
お買い得
最新記事
月別アーカイブ
キーワード
フリーエリア
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。