スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無用の隠密

無用の隠密
無用の隠密 未刊行初期短篇 文春文庫 著者: 藤沢周平 出版社: 文藝春秋 サイズ: 文庫 ページ数: 542p 発行年月: 2009年09月 ISBN:9784167192440 本体価格686円 (税込 720 円) 送料無料 在庫あり(1~3営業日内に発送予定)     【内容情報】(「BOOK」データベースより) 人に恐れられる隠密という存在も、巨大な組織からすれば卑小な歯車に過ぎない─命令権者に忘れられた男の悲哀を描く表題作ほか、歴史短篇「上意討」、悪女もの「佐賀屋喜七」など、作家デビュー前に書かれた15篇を収録。文庫化に際し、藤沢の浮世絵への並々ならぬ関心を知ることが出来る「浮世絵師」を追加した。 【目次】(「BOOK」データベースより) 暗闘風の陣/如月伊十郎/木地師宗吉/霧の壁/老彫刻師の死/木曾の旅人/残照十五里ケ原/忍者失格/空蝉の女/佐賀屋喜七/浮世絵師/待っている/上意討/ひでこ節/無用の隠密 【著者情報】(「BOOK」データベースより) 藤沢周平(フジサワシュウヘイ)昭和2(1927)年、鶴岡市に生れる。山形師範学校卒。48年「暗殺の年輪」で第69回直木賞を受賞。平成元年、菊池寛賞受賞、平成6年に朝日賞、同年東京都文化賞受賞、平成7年、紫綬褒章受章。平成9年1月逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
スポンサーサイト
お買い得
最新記事
月別アーカイブ
キーワード
フリーエリア
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。