スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オペラ・ノート

オペラ・ノート
オペラ・ノート 白水Uブックス 著者: 吉田秀和 出版社: 白水社 サイズ: 新書 ページ数: 244p 発行年月: 2009年09月 ISBN:9784560721063 本体価格1,300円 (税込 1,365 円) 送料無料 在庫あり(1~3営業日内に発送予定)     【内容情報】(「BOOK」データベースより) 限りなく奥行きの深いオペラの世界。音楽・テクスト・ドラマのそれぞれの要素を、独特の角度からヴァーグナー、モーツァルト、R・シュトラウスのなかにさぐり、作品全体の姿をはっきりと描きだす。オペラ理解のためのこの上ない導きの書。 【目次】(「BOOK」データベースより) ヤナーチェク『利口な女狐の物語』/リヒャルト・シュトラウス『ばらの騎士』/ヴァーグナー『ジークフリート牧歌』/ヴァーグナー『ニーベルングの指環』/ヴァーグナーの芸術─バイロイトで/映画『ドン・ジョヴァンニ』と『ばらの騎士』/映像オペラ『フィガロの結婚』/オペレッタ─この「男たちの幻想」/ロイヤル・オペラの底力/オペラ『金閣寺』/オペラ演出家・浅利慶太/永遠のカルメン/こたえられぬ『コジ・ファン・トゥッテ』の味/オペラ『建─TATERU』について/私のヴェルディ/オペラの演出/バイロイトの今/モーツァルト『コジ・ファン・トゥッテ』(ベーム盤)/モーツァルト『フィガロの結婚』/ヴァーグナー『トリスタンとイゾルデ』/ヨハン・シュトラウス『こうもり』/コルンゴルト『死の都』/ヴェルディ『シチリア島の夕べの祈り』/モーツァルト『後宮からの誘惑』/モーツァルト『コジ・ファン・トゥッテ』(ヤーコプス盤) 【著者情報】(「BOOK」データベースより) 吉田秀和(ヨシダヒデカズ)1913年9月23日、東京日本橋生まれ。東京帝国大学文学部仏文科卒業。音楽批評家。戦後、批評を発表しつづけ、1953年に刊行した『主題と変奏』で批評家としての地歩を築き、以来、一貫して旺盛な評論活動を展開。1975年『吉田秀和全集』で第二回大佛次郎賞を、2006年には「わが国における音楽批評の確立」で文化勲章受章。現在、水戸芸術館館長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
スポンサーサイト
お買い得
最新記事
月別アーカイブ
キーワード
フリーエリア
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。