スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水戸岡鋭治の「正しい」鉄道デザイン

水戸岡鋭治の「正しい」鉄道デザイン
水戸岡鋭治の「正しい」鉄道デザイン 私はなぜ九州新幹線に金箔を貼ったのか? 交通新聞社新書 著者: 水戸岡鋭治 出版社: 交通新聞社 サイズ: 新書 ページ数: 199p 発行年月: 2009年08月 ISBN:9784330087092 本体価格800円 (税込 840 円) 送料無料 在庫あり(1~3営業日内に発送予定)     【内容情報】(「BOOK」データベースより) 九州新幹線「つばめ」やJR九州の特急列車を中心に、常に話題作を発表し続けてきたデザイナー・水戸岡鋭治。ユニバーサルデザインやバリアフリー対策、さらには地産地消的考えをも取り込んだ、彼の独特な鉄道デザインの原点にあるものを、個々の「仕事」を通して展望する。 【目次】(「BOOK」データベースより) はじめに 新800系デビューの意味/第1章 「正しい」新幹線デザインとは?/第2章 私の仕事を代表する3つの列車/第3章 「正しい」鉄道デザインのために/第4章 鉄道デザイナーは一日にして成らず/第5章 夢みる「大鉄道時代」 【著者情報】(「BOOK」データベースより) 水戸岡鋭治(ミトオカエイジ)1947年岡山県生まれ。岡山県立岡山工業高校デザイン科卒業。1972年、ドーンデザイン研究所設立。建築・鉄道車両・グラフィック・プロダクトなどさまざまな分野のデザインを手がける。なかでもJR九州の車両・駅舎のデザインで、国際的な鉄道関連デザインの賞であるブルネル賞など数多くの賞を受賞。ほかに岡山電気軌道の路面電車「MOMO」、和歌山電鐵の「たま電車」「いちご電車」、富士急行の「富士登山電車」なども手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
スポンサーサイト
お買い得
最新記事
月別アーカイブ
キーワード
フリーエリア
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。