スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

組織が大きく変わる「最高の報酬」

組織が大きく変わる「最高の報酬」
組織が大きく変わる「最高の報酬」 トータル・リワードを活用した行動科学マネジメント 著者: 石田淳 出版社: 日本能率協会マネジメントセンター サイズ: 単行本 ページ数: 226p 発行年月: 2009年08月 ISBN:9784820717461 本体価格1,600円 (税込 1,680 円) 送料無料 在庫あり(1~3営業日内に発送予定)    レビュー(4件) ※楽天ブックスでは、商品に付属している帯は広告として扱っており商品の一部としておりません。ギスギスして従業員満足度も低く、成果が上がらない……。そんなダメな組織を短期間で成長体質に変えるのは、“人”を大切にし、「働いていてよかった」と感じられる、お金ではない「最高の報酬」を与えること。お金には替えられない「報われ感」や楽しみ、充実感をひとつの報酬として活用して、社員が楽しく、成果につながる行動を続けていけるしかけを紹介。「できない8割」の人を底上げして、組織を変えていく方法を豊富な実践例を交えて解説します。 【内容情報】(「BOOK」データベースより) 3倍速で組織が成長・成果は3倍!8割のできない社員が今日から変わる!仕事が楽しいから成果をつかむ行動がふえる・続く!トータル・リワードを活用した行動科学マネジメント。 【目次】(「BOOK」データベースより) 第1章 組織を成長体質に変える「トータル・リワード」とは?(あなたの会社に仕事を楽しくするしかけはあるか?/トータル・リワードの最も重要なABCDEFとは? ほか)/第2章 マネジメントを分解すると、あなたは10倍ラクになる(ラクになる鉄則=組織とは成果を上げるための集団である/あなたにとっての「いい人材」とは? ほか)/第3章 トータル・リワードを使いこなすための行動科学マネジメントの基本(ビジネスの現場での本当の「行動」とは?/「人」を変えずに「行動」を変える ほか)/第4章 部下とチームを変える14のメニュー(「ほめ」は具体的・オープンなしくみに/一人の社員に「MVP」を与えてはいけない ほか)/第5章 事例でわかるケース別トータル・リワードの使い方(ギスギスした職場を変える─なめらかなコミュニケーションを生むトータル・リワード・マネジメント/フレームを使ったメール活用術(保険業界/T氏のケース) ほか) 【著者情報】(「BOOK」データベースより) 石田淳(イシダジュン)社団法人行動科学マネジメント研究所所長。マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院エグゼクティブコース修了。株式会社ウィルPMインターナショナル代表取締役社長兼最高経営責任者。文部科学省許可財団法人日本余暇文化振興会認定、行動継続技能認定協議会理事。日本の行動科学(分析)マネジメントの第一人者。アメリカのビジネス界で大きな成果を上げる「行動科学マネジメント」を学び、日本人に適したものに独自の手法でアレンジを行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
スポンサーサイト
お買い得
最新記事
月別アーカイブ
キーワード
フリーエリア
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。