スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ、「がん」になるのか?その予防学教えます。

なぜ、「がん」になるのか?その予防学教えます。
なぜ、「がん」になるのか?その予防学教えます。 著者: 津金昌一郎 出版社: 西村書店(新潟) サイズ: 単行本 ページ数: 205p 発行年月: 2009年08月 ISBN:9784890136353 本体価格1,500円 (税込 1,575 円) 送料無料 在庫あり(1~3営業日内に発送予定)    レビュー(1件) 【内容情報】(「BOOK」データベースより) 科学的根拠に基づく病気にならない生活習慣。肥満だからって、がんリスクは高くない?!コーヒーでがんを予防できる?おそろしい受動喫煙の実態。10万人をコホート調査。 【目次】(「BOOK」データベースより) はじめに─科学的根拠に基づく病気予防を探る/第1章 病気の動向(三大病:がん、脳卒中、心臓病)/第2章 たばこと病気/第3章 飲酒の功罪/第4章 食べ物と病気/第5章 サプリメントで病気は予防できるか/第6章 細菌・ウイルスと病気/第7章 環境と病気/第8章 がん検診と肥満対策の功罪/第9章 科学的根拠に基づく病気予防 【著者情報】(「BOOK」データベースより) 津金昌一郎(ツガネショウイチロウ)1955年生まれ。医学博士。慶應義塾大学医学部卒業、慶應義塾大学大学院修了。1986年に国立がんセンター研究所入所。臨床疫学研究部長などを経て、2003年より国立がんセンターがん予防・検診研究センター予防研究部長。その間に米国ハーバード大学客員研究員を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
スポンサーサイト
お買い得
最新記事
月別アーカイブ
キーワード
フリーエリア
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。