スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真皓き残響(奇命羅変)

真皓き残響(奇命羅変)
真皓き残響(奇命羅変) 炎の蜃気楼邂逅編 コバルト文庫 著者: 桑原水菜 出版社: 集英社 サイズ: 文庫 ページ数: 232p 発行年月: 2009年08月 ISBN:9784086013161 本体価格476円 (税込 500 円) 送料無料 在庫あり(1~3営業日内に発送予定)    レビュー(1件) 「燃える水」!新たな怪異の正体とは!?不思議な「燃える水」の話題で沸く柏崎。怪異のしわざと睨んだ景虎はその正体を突き止めるべく「燃える水」を売る少年と接触するが、仲間になることを迫られる。一方、夜叉衆は謎の刺客から襲撃を受け!? 【内容情報】(「BOOK」データベースより) 柏崎で水が燃えるという不思議な噂を耳にした景虎は、怨霊の仕業と睨み調査を始めた。勝長の協力で「燃える水」を精製する里へと足を踏み入れた景虎だったが、そこで幻惑にかかり囚われの身となってしまう。だが、里長の少年と接触する機会を得た彼は、少年に気に入られ、仲間になることを執拗に迫られることに!?時同じくして、奇命羅と名乗る謎の刺客が、直江たち夜叉衆を襲撃する…。 【著者情報】(「BOOK」データベースより) 桑原水菜(クワバラミズナ)9月23日千葉県生まれ。中央大学文学部史学科卒業。1989年下期コバルト読者大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
スポンサーサイト
お買い得
最新記事
月別アーカイブ
キーワード
フリーエリア
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。