スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江戸演劇史(上)

江戸演劇史(上)
江戸演劇史(上) 著者: 渡辺保 出版社: 講談社 サイズ: 単行本 ページ数: 507p 発行年月: 2009年07月 ISBN:9784062155700 本体価格2,800円 (税込 2,940 円) 送料無料 取寄せ(メーカーに在庫確認)    レビュー(1件) 【内容情報】(「BOOK」データベースより) 秀吉の死、「曽根崎心中」、二代目団十郎の青春、瀬川菊之丞初下り、「忠臣蔵」の成立…。歌舞伎、能、狂言、文楽…日本の古典劇とは何か?鮮やかな筆致で描ききる記念碑的大作。 【目次】(「BOOK」データベースより) 第1章 中世の光と影/第2章 近世の夜明け/第3章 元禄の栄花/第4章 宴のあと/第5章 新時代の幕開け/第6章 満開の桜の下で 【著者情報】(「BOOK」データベースより) 渡辺保(ワタナベタモツ)1936年、東京生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。東宝演劇部企画室を経て、現在、演劇評論家、放送大学客員教授。『女形の運命』で芸術選奨文部大臣新人賞、『忠臣蔵』で平林たい子文学賞、『娘道成寺』で読売文学賞、『四代目市川団十郎』で芸術選奨文部大臣賞、『黙阿弥の明治維新』で読売文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
スポンサーサイト
お買い得
最新記事
月別アーカイブ
キーワード
フリーエリア
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。