スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死ぬかと思った(3)

死ぬかと思った(3)
死ぬかと思った(3) 著者: 林雄司 出版社: アスペクト サイズ: 文庫 ページ数: 157p 発行年月: 2009年07月 ISBN:9784757217003 本体価格476円 (税込 500 円) 送料無料 在庫あり(1~3営業日内に発送予定)    レビュー(1件) 【内容情報】(「BOOK」データベースより) やっぱりまだまだ、死にかけている…「それ、まじすか!?」余計なコトして死にかけた、恥ずかしさのあまりに死にそう。ヒトには言えない、でも言いたい。ちょっと自慢の死にかけ体験。告白すれば気分も晴れる、スイートかつ低レベルな臨死体験集。 【目次】(「BOOK」データベースより) オナニーしたダイコンが食卓に/ナースコールがマラカス/車にはねられ恐喝される/流血時にお母さん化粧/彼氏が轢き逃げ/むだ毛入り封筒/3日間勃起しっぱなし/金魚ラーメン/アナルからバイブが抜けなくなる/会社で花火をつける〔ほか〕 【著者情報】(「BOOK」データベースより) 林雄司(ハヤシユウジ)1971年3月生まれ。東京都練馬区出身。1996年から個人でホームページ「Webやぎの目」を始める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
スポンサーサイト
お買い得
最新記事
月別アーカイブ
キーワード
フリーエリア
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。