スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CakePHP 1.2ガイドブック

CakePHP 1.2ガイドブック
CakePHP 1.2ガイドブック Agile web development wit 著者: 安藤祐介 /新原雅司 出版社: 毎日コミュニケーションズ サイズ: 単行本 ページ数: 393p 発行年月: 2009年07月 ISBN:9784839932466 本体価格3,200円 (税込 3,360 円) 送料無料 品切れ 売り切れました     【内容情報】(「BOOK」データベースより) 速く、安全で、拡張性のあるフレームワークCakePHPは、メンテナンスの必要なコード量を減らし、丈夫なWebアプリケーションの構築に必要とされる大半の機能を扱う仕組みを提供します。本書は、高速開発を「PHPらしく」実現するフレームワークを現場のプロが導入から実践、拡張まで徹底解説します。 【目次】(「BOOK」データベースより) 1 導入編(PHPによるWEB開発/CakePHPの開発体制/CakePHPのインストール/bakeで焼いてみよう(MVCファイルの自動生成))/2 実践編(CakePHPの全体像/コントローラーの利用/モデルの利用/ヘルパーの利用)/3 応用編(セキュリティ/フレームワークの拡張/外部ライブラリとの連携/ユニットテスト/Ajax/携帯電話向けシステムの作成/公開(Linax)サーバへの設置/パフォーマンスの改善/ソースコードの読み方) 【著者情報】(「BOOK」データベースより) 安藤祐介(アンドウユウスケ)PHPを利用したシステム開発業務を行い、近年は主にフレームワークを利用したグループ開発を主とする。PHPカンファレンスなどのイヴェントにおいてCakePHPを紹介するプレゼンテーションを実施。講演活動、執筆活動などを通じてCakePHPの普及に努めている新原雅司(シンバラマサシ)CakePHPのセキュリティやTipsをブログで公開。PHP歴は長くPHP3から実務で利用。独自フレームワークを利用していたが、CakePHPの魅力に取り憑かれ、いくつかのプロジェクトで導入堂園俊郎(ドウゾノシュンロウ)CakePHPがWindowsに対応した頃から本格的にサポート活動を開始。株式会社コミュニケーションビジネスアヴェニューに勤務し、企業向けアプリケーションとCTIソリューションを研究、開発している。cakephp.jp管理人(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
スポンサーサイト
お買い得
最新記事
月別アーカイブ
キーワード
フリーエリア
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。