スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロ野球「カネとタブー」

プロ野球「カネとタブー」
プロ野球「カネとタブー」 宝島sugoi文庫 著者: 別冊宝島編集部 出版社: 宝島社 サイズ: 文庫 ページ数: 222p 発行年月: 2009年07月 ISBN:9784796672436 本体価格457円 (税込 480 円) 送料無料 在庫あり(1~3営業日内に発送予定)     【内容情報】(「BOOK」データベースより) ベンチに盗聴器を仕掛け球種を盗むスパイ野球の実態。2千万円を張る野球賭博とプロ野球選手の関係。有名選手&用具メーカーの“アゴ、アシ、マクラつき”アドバイザリー契約。球界に蔓延る薬物汚染。「敵に回せない」─指導者が語る高野連の実態。伝説の“寝業師”根本陸夫と「喫煙・暴走族・ソープ」に明け暮れた甲子園優勝投手・愛甲猛。日本野球界の耳を疑うような「非常識」が、今ここに明かされる。 【目次】(「BOOK」データベースより) 第1章 球界のタブー(ID野球のルーツ、ここにあり プロ野球版スパイ大作戦/ゴンザレス、リオス…球界を蝕むクスリの恐怖 薬物汚染の実態と「日本人選手」の使用疑惑 ほか)/第2章 球界の金の卵(“アドバイザリー契約”が巻き起こした悶着 野球界と用具メーカーの「怪しげな関係」/「家1軒プラス支度金1千万円」で誘われる監督 ビッグビジネス・高校野球の裏側 ほか)/第3章 球界の真実(王貞治の「抗議」と「叱り」 「世界の王」が見せる人間味/星野仙一の「虚像と実像」 月額5百万の監督は「フィールド外パフォーマー」)/第4章 球界の非常識(第二の人生、成功のカギは「プライドを捨てられるか」 スターがスターでなくなるとき/自殺騒動から言い間違いまで~スター選手の浮世離れ プロ野球“非常識”列伝 ほか)
スポンサーサイト
お買い得
最新記事
月別アーカイブ
キーワード
フリーエリア
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。