スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キマイラ青龍変

キマイラ青龍変
キマイラ青龍変 キマイラ別巻 ソノラマノベルス 著者: 夢枕獏 出版社: 朝日新聞社 /朝日新聞出版 サイズ: 新書 ページ数: 294p 発行年月: 2009年06月 ISBN:9784022738479 本体価格1,000円 (税込 1,050 円) 送料無料 在庫あり(1~3営業日内に発送予定)     己の内に「獣」を秘めた2人の青年を描く、著者入魂の大河伝奇小説「キマイラ」。その中の重要な登場人物である龍王院弘が、卑屈な少年から、いかにして非情にして美貌の格闘家になったかを描く、読み切りのアナザー・ストーリー。既刊「キマイラ」(ソノラマノベルス)を読んでいるファンは勿論のこと、まだ読んでいないが、夢枕作品に関心のある読者にとっても、格好の1冊。 【内容情報】(「BOOK」データベースより) その名は龍王院弘。この男は、俊敏だが卑屈な身の少年時代に、宇名月典善に見出された。流浪の格闘家である典善には、突出した技だけでなく、銃弾とすら対決する覚悟があった。少年は、「強くなる」ために典善を師と仰ぎ、体験を積み、やがて異能の格闘家に成長する。技や肉体だけでなく、闘う者のみが得られる、目には見えない何かが、龍王院の中に醸成されていく。「キマイラ」という豊かな物語が生んだ、読み切り別巻、登場。 【著者情報】(「BOOK」データベースより) 夢枕獏(ユメマクラバク)1951年、神奈川県小田原市生まれ。東海大学卒業。77年『カエルの死』でデビュー後、“キマイラ・吼”“魔獣狩り”“闇狩り師”“陰陽師”シリーズ等人気作品を発表し、今日に至る。著書多数。89年『上弦の月を喰べる獅子』で、第10回日本SF大賞を、98年『神々の山嶺』で第11回柴田錬三郎賞を受賞。日本SF作家クラブ会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
スポンサーサイト
お買い得
最新記事
月別アーカイブ
キーワード
フリーエリア
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。