スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニッポン鉄道遺産

ニッポン鉄道遺産
ニッポン鉄道遺産 列車に栓抜きがあった頃 交通新聞社新書 著者: 斉木実 /米屋浩二 出版社: 交通新聞社 サイズ: 新書 ページ数: 263p 発行年月: 2009年06月 ISBN:9784330075099 本体価格800円 (税込 840 円) 送料無料 在庫あり(1~3営業日内に発送予定)    レビュー(1件) 【内容情報】(「BOOK」データベースより) 明治以来国家の近代化とともに発展してきたわが国の鉄道。新幹線が走り、リニアモーターカーの実用化も視野に入る今、かつて、それぞれの時代の要請により開発された施設、設備、車両などが、実物はもとより、われわれの記憶の中からも消えようとしている。全国に残るそうした「鉄道遺産」を、2人の鉄道写真家が足と目で取材し、ここに記録として残した。 【目次】(「BOOK」データベースより) 第1章 憧れの鉄道情景(余部鉄橋/タブレット ほか)/第2章 旅のまわりに(食堂車/開く窓 ほか)/第3章 列車に揺られて(0系新幹線/パノラマカー ほか)/第4章 線路際の物語(有人踏切/鉄道林 ほか) 【著者情報】(「BOOK」データベースより) 斉木実(サイキミノル)1963年、東京都生まれ。多摩芸術学園写真学科(現・多摩美術大学美術学部2部)中退。以後、出版社写真部助手、スタジオアシスタント、嘱託カメラマンなどを務めるかたわら鉄道写真に取り組む。現在は鉄道誌、旅行誌をはじめとして、幅広いメディアで活動。日本写真家協会(JPS)会員米屋浩二(ヨネヤコウジ)1968年、山形県生まれ。東京工芸大学短期大学部写真学科卒業。広告写真家・安達洋次郎氏の助手、鉄道写真家・真島満秀氏のアシスタントを経てフリーランスとなる。「Asian Train Love」で富士フォトサロン新人賞2003受賞。人間と鉄道のかかわりを温かく画面に切り取る作風に定評がある。日本写真家協会(JPS)会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
スポンサーサイト
お買い得
最新記事
月別アーカイブ
キーワード
フリーエリア
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。